【画像】渡辺直美のブタ演出案の元ネタ!?過去にピッグ・レディやブタ鼻の姿も!

東京オリンピック開会式の総合統括を務める佐々木宏氏が、渡辺直美さんの容姿を侮辱する演出案で辞任。

オリンピッグ=渡辺直美と掛けて、ブタに変身させて空から降り立たせるという案で

国内のみならず、海外からも批判の声が上がりました。

そんな佐々木宏氏の最悪な演出案に対し、元ネタとも取れる過去の番組が問題になっているようです。

【画像】渡辺直美のオリンピッグ・ブタ演出案の元ネタ?

東京オリンピック開会式の演出を担うメンバーのグループLINEが流出。

佐々木宏氏が渡辺直美さんの容姿を侮辱するようなメッセージを送っていたことが判明しました。

▼流出したLINEはこちらから

この演出案に対し、佐々木宏氏は以下のような謝罪をしました。

「僕はすぐにダジャレを言うので、口が滑ったように言ったこと。可愛いピンクの衣装で舌を出して『オリンピッグ』と。これで彼女がチャーミングに見えると思ったんですが、その場で男性スタッフにえらく叱られた。反省しています」

文春オンライン

しかし、この演出案の元ネタとも取れるようなバラエティー番組が過去に放送されており問題になっています。

【元ネタ①】渡辺直美の『ピッグ☆レディ』

渡辺直美さんは、2012年にテレビ東京の子供向けバラエティー番組『ピラメキーノ』でブタに扮して出演しています。

ニッチェの江上敬子さんとダンス&ボーカルデュオ『ピッグ☆レディ』を結成。

ブタ鼻と骨付き肉をイメージしたマイクを持って、メッセージソング『ピッグ&ポーク』を歌っておりました。

子供たちに向けてブタの可愛らしさを狙った演出だったのだとか。

当時は「渡辺直美のブタちゃん可愛い」との声も上がっていたようです。

【元ネタ②】渡辺直美の『10匹のコブタちゃん 〜ヤセガマンしないTV〜』

10匹のコブタちゃん 〜ヤセガマンしないTV〜』は、フジテレビで2013年1月〜9月まで放送されていた深夜のバラエティ番組。

渡辺直美さんの他、森三中、近藤春菜、柳原可奈子、ジェーン・スーの女芸人たちが「コブタちゃん」なるキャラクターに扮して芸能ニュースや時事ネタを取り扱う内容でした。

番組内容としても、なぜコブタに扮する必要があったのかは謎なまま。

放送も約9ヶ月間という短い期間で終了してしまいました。

このような過去のテレビでの扱いに関する批判も上がっており、

「日本のテレビ文化そのものなんだよな。その、イジリ文化みたいなやつ、海外では通用しないから」といった声も出ているようです。

昔であれば 「渡辺直美のブタちゃん可愛い」で済んだのかもしれませんが

女性軽視や差別発言が取り上げられ、辞任や辞職が横行する現代には通用しないのかもしれませんね。

渡辺直美がオリンピッグ・ブタ演出案に対し神対応

佐々木宏氏の容姿を侮辱するような演出案に対し、渡辺直美さんは「実際、私自身はこの体型で幸せです」と声明を発表。

渡辺直美さんに対し、「さすが渡辺直美、大人の対応やね」といった絶賛の声が集まっています。

この声明は、自身がブタに扮して出演した過去のバラエティ番組にも向けたメッセージかもしれませんね。

また、自身のYouTubeチャンネルで生配信を行い、容姿に対する報道で傷付いた人に対しての気遣いをしています。

自身のことよりも先に、同じようなコンプレックスに悩む人を気遣って勇気付けようとする渡辺直美さんが素敵ですよね。

今回の佐々木宏氏の一連の騒動で、渡辺直美さんのファンがさらに増えたのではないでしょうか。

渡辺直美のブタ演出案に対しての世間の声

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です