【画像】夢之丞(ゆめのじょう)の本名や経歴は?女形役者ですっぴんがイケメン過ぎる!

舞踊家で大衆演劇でも活躍する夢之丞(ゆめのじょう)さん。

元タカラジェンヌの初嶺麿代(はつねまよ)さんと結婚したことでも話題になりました。

それにしても、夢之丞(ゆめのじょう)』って珍しい名前で本名なのか気になりますよね

また、大衆演劇では女形の姿で活躍していますが、すっぴんがイケメン過ぎるとも話題です。

今回は、夢之丞さんの本名とイケメン過ぎるすっぴん姿についてフォーカスしていきたいと思います。

夢之丞(ゆめのじょう)の『本名』と『経歴』は?

夢之丞さんの本名は、『兼子貴久馬』さんといいます。

夢之丞という芸名も珍しいですが、本名の兼子貴久馬もかなり珍しい名前ですよね。

夢之丞さんは1987年12月28日生まれの33歳(2021年2月現在)。

大衆演劇では女形として数々の舞台に出演されています。

主な代表作品

2012年 四谷怪談 (舞台)

2014年 遊女夕霧 (舞台)

2016年 唐人お吉 (舞台)

2017年 お江戸みやげ (舞台)

大衆役者になった経歴がおもしろく、板前の修業中に松井誠の舞台を観劇したことがきっかけ

松井誠さんに師事を受けて舞台役者になったそうです。

自身の長所を『地道な努力家』と話しており、多くの努力を重ねて大衆演劇や舞踊家として素晴らしい経歴を残してきたようです。

大衆演劇では美しすぎる女形と評される程に活躍されたことでも有名です。

【動画像】女形役者・夢之丞(ゆめのじょう)のすっぴんがイケメン過ぎる!

美しすぎる女形』と評判の夢之丞さんですが、すっぴん姿がイケメン過ぎると話題です。

夢之丞さんのすっぴん姿がこちら!

美しすぎる女形の裏には、こんなイケメンが隠れていたのですね!

夢之丞さんの素顔を見て、大衆演劇に興味を持った女性も多いのではないでしょうか。

まとめ

今回は、夢之丞さんの本名とイケメン過ぎるすっぴん姿についてフォーカスしていきました。

イケメンの夢之丞さんが演じる『美しすぎる女形』には目を引きつけられますね。

今後も夢之丞さんの舞踊家や大衆演劇での活躍に注目です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です