【顔画像】吉瀬美智子の元旦那は?田中健彦はラーメン会社『光麺』社長で年齢は10歳上!

女優の吉瀬美智子さんが2021年4月7日に自身のSNSで離婚を発表されました。

元旦那さんは一般人の実業家で、どんな人物だったのか知らない方が多いのではないでしょうか。

噂では、ラーメン屋の『光麺』と関わりがあるとの声も聞こえています。

また、驚くべきことに年齢は吉瀬さんの10歳上だったのだとか。

今回は、吉瀬美智子さんの元旦那さん(画像)についてフォーカスしていきたいと思います。

吉瀬美智子の元旦那は誰?

吉瀬美智子さんは、2010年12月25日に5年間お付き合いした一般人の実業家と結婚したと報道されています。

その人物は、田中健彦さんという方でした。

結婚報道の際、吉瀬さんは自身のブログで元旦那の田中健彦さんについて以下のように説明しています。

私、 吉瀬美智子は12月25日にかねてよりお付き合いをさせて頂いている方と入籍を致しました。モデルから女優へ転向を考えていた時も含め5年前に出会い、気づけば ずっと傍で支えてくれた大切な人です。いつも笑顔と大きな心で温かく見守ってくれました。・・・(略)

彼は、10歳年上で、一般の男性です。日本及び海外で色々なお仕事を手掛けている方です。1人の人としても優しく温かく思いやりのあるとても尊敬出来る方です。

吉瀬美智子アメブロ

元旦那の田中健彦さんの年齢は、吉瀬さんよりも10歳上だったようです。

吉瀬さんは1975年2月17日生まれの46歳。(2021年3月現在)

そうなると、田中健彦さんの年齢は56歳前後ということになります。

2005年に開催された社長が集まるようなパーティーで出会ったとのこと。

吉瀬さんのファンだった元旦那の田中さんが猛アタックしたことで結婚に結びついたようですが

田中さんは経営者としても素晴らしい実績をお持ちの方だったようです。

元旦那・田中健彦はラーメン会社『光麺』の社長?

東京豚骨ラーメンの先駆けとされるラーメン屋の『光麺』。

池袋や上野、六本木などに店舗を構え一度はこの看板を見かけたことがある人も多いのでは。

1991年に光麺の1号店である池袋西口店を出店した『株式会社KM』の経営者が田中健彦さんでした。

残念ながら、2015年には池袋・六本木・上野の3店舗を運営していた『株式会社KM』の売上が減少し、倒産してしまいました。

しかし、田中さんは店舗毎に経営を進めるために新たに『株式会社マリフィック』を設立。

現在は光麺の経営には携わっていませんが、表参道で美容院などを経営する『株式会社 MARIS R & SPA』の代表取締役社長としても活躍しているようです。

吉瀬美智子の元旦那・田中健彦の顔画像は?

吉瀬美智子さんの元旦那である田中健彦さんは一般人のため画像を公開しておりません。

また、田中さんが経営する会社のホームページにも自身の写真は載せておりませんでした。

しかし、吉瀬さんはSNSで家族での写真を時おり掲載しており、田中さんと思われる画像もいくつか見つけました。

2人の娘さんと同様にお顔は隠されていますが、おしゃれな雰囲気とスタイルの良さがわかりますね。

これで56歳には見えないというのが素直か感想です。

また、元旦那の田中さんはバナナマンの日村勇紀さんや古田新太さんに似ていると吉瀬さんが発言したことがあるようです。

日村勇紀さん
古田新太さん

確かにこの2人には目や鼻のかたちなど類似点があるような、、

元旦那の田中さんも大人の雰囲気を持った少し個性的な方なのかもしれませんね。

まとめ

今回は、吉瀬美智子さんの元旦那さん(画像)についてフォーカスしていきました。

元旦那の田中健彦さんが『光麺』の創業者というのには驚きました。

経営者としてとても優秀な人物で、飲食以外にも美容やスパといった分野でも大きな活躍をされているようです。

今後は元旦那さんと離婚した吉瀬美智子さんの女優としての活躍にも注目していきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です