【衝撃】ファンモンが解散した3つの理由とは?加藤の不倫事件やイジメが原因とも!

2013年に解散した超人気グループ『ファンキーモンキーベイビーズ(ファンモン)

解散から約8年ぶりにTBSの『音楽の日』で一夜限りの復活するようですね。

ファンモンは、幅広い層から支持を受け人気絶頂のうちに解散し話題になりました。

絶頂期に解散してしまった理由とは何だったのでしょうか?

今回はファンモンが解散した衝撃の3つの理由についてまとめていきたいと思います。

【衝撃】ファンキーモンキーベイビーズ(ファンモン)の解散

2013年の全国ツアー『WE ARE FUNKY MONKEY BABYS TOUR』をもって解散したファンモン。

10代や20代のみならず幅広い層にまで人気を博していたため、解散を惜しむ中年の方々も多かったという。

14枚目のシングル『あとひとつ』は、高校野球(甲子園)の応援ソングにも起用され話題になりましたよね。

そんな国民的な人気グループの『ファンモン』の解散は大きな衝撃でした。

なぜ順風満帆と言われた絶頂期の中で彼らは解散してしまったのでしょうか。

そこには解散に至った本当の理由が3つあるようです。

ファンモンが解散した本当の3つの理由とは?

【解散理由①】DJケミカルが住職へ

ファンモン解散の理由としては、DJケミカルが家業であるお寺を継ぐ準備を進めるためと公式に発表されていました。

お父さんがお寺の住職で、長男のDJケミカルは必然的にお寺を継ぐ予定があったようです。

お寺は八王子にある『河口山 宝池院 法蓮寺』というお寺のようです。

河口山 宝池院 法蓮寺

噂によると、1304年(嘉元二年)にできた八王子で最も古いお寺なんだとか!

そのような歴史のあるお寺がご実家であれば、アーティストを辞めざるを得なかったのでしょう。

しかし、これは表向きの解散理由の一つで、本当の理由が他にもあるようです。

【解散理由②】DJケミカルへのいじめ

解散の二つ目の理由として、DJケミカルへのいじめがあったと噂されています。

ボーカルの二人とは異なり、後ろで踊っていたパフォーマーのケミカルはギャラの配分が雀の涙ほどしかなかったのだとか。

また、メンバーの中で年下だったこともあり、からかわれたりすることも多かったようです。

特にケミカルに対する加藤さんの態度が酷く、モン吉が止めに入り喧嘩になることもあったとのこと。

このようなイジメによるメンバーの不仲説が解散の本当の理由だと言われています。

【解散理由③】ファンキー加藤の不倫事件

DJケミカルへのイジメがあったと噂されている加藤さん。

そんな加藤さんは、お笑い芸人『アンタッチャブル柴田』さんの妻とW不倫をしたことで世間を騒がせました。

加藤さんと柴田さんは友人関係にありながら、友人の奥さんと不倫し子供を妊娠させるという非道行為でした。

この事件は、ファンモン解散後の2016年の出来事でしたが、ファンモン活動当時から女好きや人間性を問題視されていた加藤さんの素性を露わにした事件でした。

人気絶頂期だったファンモンにおいて、加藤さんの言動が解散に影響していたことは否定できません。

まとめ

今回はファンモンが解散した衝撃の3つの理由についてまとめていきました。

DJケミカルが家業であるお寺を継ぐ準備を進めるためと発表されていましたが、本当は根深い問題があったと言われています。

解散してしまったことは残念でしたが、『音楽の日』での一夜限りの復活は当時のファンを大いに喜ばせてくれることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です