ボンビーラブ出演『たいし』の本名や経歴は?久米大志はプロサーファーで病気の過去も!

幸せ!ボンビーガール』の恋愛リアリティ企画『ボンビーラブ』に出演している『たいし』さん。

男性出演者の中でも緩めの親しみ易いキャラクターが好感的ですよね。

また、プロサーファーをやっており「波に乗る姿がかっこいい」と話題です。

今回は、『たいし』さんの本名経歴と、プロサーファーの成績についてまとめていきたいと思います。

ボンビーラブ出演の『たいし』の本名は?

『ボンビーラブ』では親しみ易いキャラクターで話題の『たいし』さん。

気になる本名を調査したところ、久米大志(くめたいし)さんというそうです。

たいしさんは、『taishikume』というアカウント名でインスタをやっておりました。

ウェットスーツ姿がキマっていてかっこいいですよね!

たいしさんは1997年1月22日生まれの24歳。(2021年2月現在)

湘南でご両親と暮らしており、東京で一人暮らしをしている姉が1人いるそうです。

姉を持つ弟は、物腰の柔らかな性格になりやすいという話を耳にしますが

たいしさんの柔らかくて優しい雰囲気もお姉さんと過ごしてきた影響かもしれませんね。

ボンビーラブ出演の『たいし(久米大志)』の経歴は?

『たいし』さんの経歴をみていきましょう!

サーフィンを始めたきっかけは、父親がサーフィンをやっていた影響だそうです。

お母さんも海が好きなそうで、まさにサーフィンのサラブレッドですね。

サーフィンのプロを目指していた訳ではないそうですが、サーフィンが好き過ぎて

気付いたら高校2年生の時にプロになっていたとのこと。

好きを極めて自分の職業にしてしまうなんて素敵ですね。

高校卒業した直後の19歳の時に、脳に水が溜まる病気を患い1年半程治療でサーフィンが出来なかったそうです。

その時に、お姉さんが留学していたこともあり、『たいし』さんも語学留学でアメリカへ。

語学以外にも、好きなことへ向ける情熱など多くのことを学んだそうです。

治療が終わってからはロサンゼルスでサーフィンを再開し、サーフィンをすることのありがたさを実感したとのこと。

現在は湘南に戻ってきてサーフィンをしていますが、病気とアメリカ留学の時の経験が今の『たいし』さんを形成しているようです。

『たいし(久米大志)』のプロサーファーでの成績は?

17歳の時にインドネシア・バリ島でプロ資格を取得。
プロテスト初挑戦での一発合格だったようです。

そんな『たいし』さんはプロになってからも素晴らしい成績を残しているようです。

2013年 (15〜16 歳)
WSL Men’s Junior Tour年間ランキング 19位
2014年 (16〜17 歳)
WSL Men’s Junior Tour年間ランキング 21位
JPSAショートボード年間ランキング 54位
2018年 (20〜21 歳)
JPSAショートボード年間ランキング 49位
2019年 (21〜22 歳)
JPSAショートボード年間ランキング 35位

コロナの影響で2020年は記録が無いようですが、病気から復帰して今後さらに上位に食い込むことが期待されます。

まとめ

今回は、『たいし(久米大志)』さんの本名経歴と、プロサーファーの成績についてまとめていきました。

病気や留学の経歴を知り、より一層たいしさんを応援したくなりましたね。

今後もたいしさんの活躍に注目していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です