【画像】西村拳の家族がすごい!父親は世界一で兄弟もイケメン空手家!

「空手道界のプリンス」こと西村拳選手。

2018年の世界空手選手権大会で銅メダルを獲得し、世界でも活躍するトップ選手です。

彼を語るために避けては通れないのが、空手一家の家族

西村選手の父親は世界一になった実力者で、兄弟もイケメン空手家との噂も。

今回は、西村拳選手の父親や兄弟、空手一家である家族についてフォーカスしていきたいと思います。

西村拳のプロフィールと経歴

西村拳選手

西村拳選手は1995年12月31日に福岡県城南市で生まれました。

柔道を始めたきっかけは、や、である2人が空手をしていたことだそうです。

西村拳選手は、2人の兄と同じように3歳の時に空手を始めました。

空手を始めた当初は練習嫌いで、試合に負けるとすぐに泣いてしまうような選手だったのだとか。

しかし、空手家の遺伝子を引き継いだ西村拳選手の才能はすぐに開花。

小学生時代には空手の全国大会に出場し、中学時代には全国大会で5位に入賞しました。

そして、中学3年生の時に行われた『アジアカデット男子個人戦組手63kg級』で2位に入り、はじめての国際大会でも見事に結果を残します。

このように、中学生にしてアジア2位になるなど、優れた成績を残した西村拳選手。

中学卒業後は、その実績を掲げて空手の名門校である『宮崎第一高等学校』に進学をします。

宮崎第一高等学校
宮崎第一高等学校

高校1年生の頃は中学時代までの成績と比較をすると、期待に応えるだけの結果は残せませんでした。

しかし、2年生になり西村拳選手の才能はもう1段階覚醒をします。

高校2年時に行われた『第39回全国高等学校空手道選手権大会』では、

個人戦・団体戦の両方で全国優勝を成し遂げ、高校最強の称号を得るほどの活躍を見せました。

しかし、高校生活最後の年になり、試練が訪れます。

2年生で高校の主要大会を総なめしたことによって、相手チームからのマークや対策が厳しくなり、簡単に優勝することができなくなってしまいました。

さらに、夏に行われた『第40回全国高等学校空手道選手権大会』では、準々決勝で負けてしまい、2連覇を逃してしまうなど、非常に苦しい時を過ごしました。

しかし、夏の敗戦を胸に厳しい練習に取り組んだことで、秋ごろからは徐々に昨年のような結果を残し始め、最終的には国体少年組手で2連覇を果たしました。

さらに、11月に行われたU21の世界大会でも5位入賞を果たすなど、世界で戦っていくことを視野に入れつつ圧倒的な成績を収めて高校を卒業。

そして、近畿大学進学後は世界を舞台に戦いを続け、現在では世界を代表する空手家にまで成長を果たしました。

西村拳の家族もすごい!

父親の西村誠司は元空手世界王者

西村拳の父親の西村誠司

西村拳選手の父親である西村誠司さんは世界を代表する空手家の一人でした。

現役時代は「昭和伝説の空手家」と言われるほど強い選手で、世界選手権の優勝を含め、様々な大会で圧倒的な成績を残していました。

そして、現役引退後は母校である福岡大学の監督として指導。

当時まだ生まれたばかりだった西村拳選手も父親に連れられてこの空手場に来ていました。

西村拳選手が3歳になったときには、空手場を歩き回って大学生の邪魔をしないように柱に括り付けていたのだとか。

拳誠塾

そして、西村拳選手が5歳になったときには、空手の一つの型である和道流の空手道場を経営し始め、親子で一緒に練習に励みました。

さらに、父親の西村誠司さんは引退後に様々な空手に関する資格を取得していることでも有名.

  • 全日本空手連盟公認七段
  • 全日本空手道連盟和道会所属
  • 公益財団法人日本体育協会公認スポーツB級指導員
  • 公益財団法人日本体育協会公認B級コーチ
  • 日本体育学会・日本武道学会会員
  • 福岡地区空手道指導員

そして、公益財団法人日本オリンピック委員会在外スポーツ研修員の代表。

一時期アメリカのワシントン大学やサンディエゴ大学に留学をした経歴も持っています。

世界王者の称号だけでも十分すごいのにこの資格の数はもうすごすぎて言葉が出ません。

西村拳の兄弟もイケメン空手家だった!

西村拳選手には、10歳年上と8歳年上の2人のがいます。

長男は誠太さん、次男は翔さんという名前で、二人とも拳選手のようにイケメンだと話題に。

▼西村拳の兄弟であるイケメン兄二人の画像がこちら!

西村拳の兄弟であるイケメン兄二人

お兄さん二人共かなりのイケメンですよね。

まず、長男の誠太さんも幼いころから空手を行っていて、父親の誠司さんから厳しい指導を受けていたそうです。

長男の西村誠太

そして、高校1年生のころにはニュージーランドに留学をして、英語などの語学も堪能なのだとか。

さらに、一部では高校卒業後舞台俳優をしているといううわさもありますが、その詳細についての確定情報は出ていません。

かなりのイケメンですから、俳優の活動を行っていた可能性はありますね。

次男の西村翔

次男の翔さんは、拳という名前になる予定でしたが、その当時は「拳」という漢字が人名用漢字ではなかったために、翔という名前になったそうです。

中学1年生のころに佐世保市中学生空手道選手権大会でベスト8に入るなど優秀な成績を残していました。

しかし、高校進学後の大会成績などは出ていないため、拳選手ほどの飛びぬけた成績を残せたわけではないのかもしれません。

また、現在では拳選手のホームページなどにもたびたび登場しており、空手に関わる活動をしている可能性が高いです。

父と3人の兄弟に加えてお母さんも空手を元々行っていたそうですよ。

まとめ

今回は、西村拳選手の父親や兄弟、空手一家である家族についてフォーカスしていきました。

西村拳選手の父親も空手の世界チャンピオンだったのは驚きですね。

また、二人の兄もイケメン空手家で、空手一家であることが分かりましたね。

家族全員が空手に関わり、幼少期から厳しい練習を乗り越えてきたこと世界を代表する空手家になることができたのかもしれません。

今後も西村拳選手の活躍に注目していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です