【理由は?】吉瀬美智子が離婚!旦那・田中健彦の会社の倒産が原因との噂も?

2021年3月7日、女優の吉瀬美智子さんが離婚を自身のツイッターを通じて発表しました。

10年以上連れ添った旦那との突然の離婚発表に驚きの声が上がっています。

離婚の原因として、旦那である田中健彦氏の会社が倒産したとの噂も!

今回は、吉瀬美智子さんの気になる離婚理由についてまとめていきたいと思います。

吉瀬美智子の旦那は誰?

2010年12月25日に5年間のお付き合いを経て実業家の田中健彦氏と結婚。

馴れ初めは社長達が集まるパーティーで、兼ねてから吉瀬さんのファンだった旦那の田中氏が猛アタックしたのがきっかけだったようです。

結婚当時、吉瀬さんは自身のブログで旦那さんのことを下記のように触れています。

私、吉瀬美智子は12月25日にかねてよりお付き合いをさせて頂いている方と入籍を致しました。

モデルから女優へ転向を考えていた時も含め5年前に出会い、気づけばずっと傍で支えてくれた大切な人です。

いつも笑顔と大きな心で温かく見守ってくれました。

(略)

彼は、10歳年上で、一般の男性です。日本及び海外で色々なお仕事を手掛けている方です。

1人の人としても優しく温かく思いやりのあるとても尊敬出来る方です。

吉瀬美智子アメブロ

吉瀬美智子さんのお仕事を側で支えてくれたとのこと。

優しくて包容力のある歳上の男性に惚れたということですよね。

2013年と2016年には2人の娘を出産し、幸せな家庭を築いているようでした。

しかし、突然の離婚劇にはどのような理由があったのでしょうか。

吉瀬美智子と旦那の離婚理由とは?

旦那・田中健彦の会社が倒産

吉瀬美智子さんは、一般人の実業家である田中健彦氏と結婚して10年以上が経っていました。

一時期は旦那の年商が30億円との話もありましたが、実は一部会社を畳んでいたのだとか。

吉瀬さんの旦那の田中氏は『光麺』で有名な飲食店等を手がける『株式会社マリフィック』を経営。

ラーメン屋『光麺』

それ以前に『光麺』の1号店を出した『株式会社KM』を経営していましたが、2015年12月には破産手続きをしていたようです。

池袋・六本木・上野の3店舗を運営していた『株式会社KM』の売上が減少し、倒産。

店舗毎に経営を進めるために『株式会社マリフィック』を設立させたとのこと。

見事な手腕で大きなダメージはなかったようですが、吉瀬さんとの私生活にも影響がでるような出来事だったと予想されます。

また、『株式会社マリフィック』のホームページが2020年8月31日をもって閉鎖されており

コロン禍での経営状況も今回の離婚の要因になったかもしれませんね。

寝室が別々で家庭内では不仲だった?

テレビ東京『チマタの噺(はなし)』

吉瀬さんは、2018年3月に放送された鶴瓶さんの番組『チマタの噺』で、旦那との不仲を感じさせる発言をしていたようです。

鶴瓶さんから夫婦生活について質問された際、『旦那のいびきがうるさ過ぎて地獄だ』とリアルな回答が。

それ故に寝室が別々なことや、一緒にお風呂に入ることを拒否するようなことまで話しておりました。

旦那の田中氏は吉瀬さんより10歳上(56歳)なので、お風呂やいびきは年齢的にもしょうがない気はします。

しかし、それ以上に夫婦の不仲さを感じさせるような空気が漂っていたのだとか。

この頃から既にお二人の関係はうまくいってなかったんかもしれませんね。

吉瀬美智子の離婚に対する世間の声

まとめ

今回は、吉瀬美智子さんの離婚理由についてまとめていきました。

旦那・田中健彦氏の会社の倒産や、テレビでの不仲発言など前々から離婚の兆候はあったようですね。

ですが、「お互いに話し合った結果」とのことなので前向きな離婚なのではないでしょうか。

今後も変わらず吉瀬美智子さんの女優としての活躍に注目していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です