【死球動画】大谷翔平が悲鳴!右肘に150kmのデッドーボールが直撃!

2021年5月2日(現地時間)のエンゼルス対マリナーズの試合。

絶好調の大谷翔平選手が、初回からデッドーボールを右肘に直撃されるという事態に。

死球は150kmの直球で、ボールが当たった大谷選手は悲鳴をあげるほどの衝撃だったようです。

今回は、大谷翔平選手が悲鳴をあげた『エンゼルス対マリナーズ』の死球動画についてフォーカスしていきたいと思います。

【動画】大谷翔平の右肘に150kmのデッドーボール(死球)が直撃!

2021年5月2日(現地時間)におこなわれた『エンゼルス対マリナーズ』の試合。

エンゼルスの大谷翔平投手は、「2番・指名打者」で出場。

なんと、初回の初打席から、150kmもの直球を右肘に喰らうという衝撃のデットボール。

▼大谷翔平選手が右肘に喰らった死球動画がこちら!

初回1死走者なしの場面で、カウント1-2から相手投手『シェフィールド』が投げた150kmの直球が大谷選手の右肘の上部を直撃。

あまりの衝撃に大谷選手が悲鳴をあげているのが聞こえますね。

右肘はプロテクターで守られていましたが、大谷選手は痛そうな表情でその場にうずくまってしまいました。

攻守交代後に、ベンチ裏に姿を消した大谷選手。

ケガが心配されましたが、約10分後にベンチに戻ってきて、次の打席に立つことができたようです。

結果は、3打数無安打1死球、2盗塁。試合も『マリナーズ2-0エンゼルス』で敗北。

さらに、相手投手の『シェフィールド』は、大谷に打たれないように故意にボールをぶつけたという噂もあるようです。

二刀流でこれから伝説を残す期待が大きいだけに、心配で気分の悪い試合になってしまいましたね。

大谷翔平へのデッドーボール(死球)に対するネットの声

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です