トム・ホーバスの日本語が上手いのは嫁が日本人だから?プロフィールも調査!

トム・ホーバス

東京オリンピックで銀メダルに輝いた女子バスケットボール日本代表。

この日本代表の監督だったのがトム・ホーバスさんです。

流暢な日本語を話しつつ熱い指導をする姿が話題になりましたね!

そんなトムホーバスさんが日本語が上手なのは、嫁が日本人だから?と噂になっています。

今回は、トム・ホーバスさんのプロフィールや日本人妻についてもフォーカスしていきます。

馬瓜エブリン
オコエ桃仁花

トム・ホーバスのプロフィール

トム・ホーバス
トムホーバスのプロフィール

生年月日:1967年1月31日

出身地:アメリカ合衆国コロラド州デュランゴ

国籍:アメリカ合衆国

学歴:ペンシルベニア州立大学

5歳からバスケを始めたトムホーバスさん。

大学卒業後はNBAのロケッツ入団を希望していましたが叶わず、ポルトガルのチームでプレイします。

1990年(23歳)に日本の実業団チーム『トヨタ自動車』に入団。

水道橋にある東京本社で海外マーケティング部に所属し、仕事とバスケを両立していました。

4年間在籍し、4年連続日本リーグ得点王・2年連続3ポイント王など大活躍し退団します。

選手時代のトム・ホーバス

トヨタ自動車退団後は、念願のNBA『アトランタ・ホークス』に入団。

その後チームを数か所移籍し、2000年に再び日本でプレーします。

2000~2001年にトヨタ自動車、東芝で活躍し現役を引退しました。

若い頃のトム・ホーバス

現役引退後コーチの仕事を探しますが、良い条件の仕事が無くアメリカに帰国。

コーチになる夢を諦めきれなかったトムホーバスさんは、IT系の一般会社に就職しつつアマチュアで高校生のバスケのコーチをしていました。

会社は携帯のアプリを作る企業で、7年間働きなんと副社長まで上り詰めています!

トムホーバスさんはスポーツも仕事も万能で、すごい経歴を歩んでいますね。

その後日本とアメリカでのバスケの指導者を経て、2017年に女子バスケットボール日本代表ヘッドコーチに就任。

日本代表ヘッドコーチに就任したトム・ホーバス

記憶に新しい東京オリンピックでは、日本バスケットボール史上初の銀メダルを獲得しました!

銀メダルに導いた監督の手腕、素晴らしいですよね。

今後日本代表の監督を継続するかはまだ決まっていませんが、オリンピック後には「まだ教えたいことはいっぱいあるよ」と笑顔で語っていたトムホーバスさん。

3年後のパリオリンピックもトムホーバスさんが監督だと良いですよね!

トム・ホーバスの日本語が上手い

東京オリンピックでは、敬語を使い丁寧な日本語で指導をするトムホーバスさんが話題になりました。

日本語が本当に上手で驚きです!

通訳を介せず日本語での熱い指導は、選手もモチベーションが上がりますよね。

トムホーバスさんは、選手の指導以外に報道陣の対応なども通訳を使わず日本語で対応しています。

通訳を付けず日本語での指導にこだわっている理由は、トヨタ自動車の選手時代に通訳が正しく訳せていなかったことがきっかけでした。

それに加え、“通訳がいると、選手が話を聞くときに通訳の方を向くのが好きではない”のも要因だとか。

目を合わせて話をしないと、感情などが伝わりづらく嫌だったのかもしれませんね。

練習以外でも積極的に日本語で話しかけて、コミュニケーションをとっていたそうです。

ヘッドコーチのトムホーバス

選手との信頼関係も日本語だからこそ出来たのでしょうね。

日本語がここまで上手なのはトヨタ自動車の選手時代からの日本在住歴が長いのはもちろん、日本語を相当勉強しているのだとか。

日常会話を日本語にし、テキストでも勉強。

日本語の繊細な表現は難しく直接的な言い方だときつい言葉になってしまうため、日本語学習アプリを入れて、細かい言い回しを勉強しているそうです。

努力家なトムホーバスさんだから、難しい日本語を上手に話せるんですね!

トム・ホーバスの嫁は日本人!

トム・ホーバス

トムホーバスさんの嫁は、日本人エイコさんと言われています。

日本語が上手なのは、日本歴が長いこと以外にも奥さんが日本人なのも要因のようです。

家族で会話をするときは、日本語で話しているのだとか。

仕事でも家庭でも日本語を使用していたら、自ずと上手になりそうですよね!

お子さんは息子、娘の2人いると言われていますが、トムホーバスさんはSNSをやっていないためプライベートの情報はほとんど分からず、奥さんやお子さんの年齢も不明でした。

お子さん2人の出身大学は、息子が『アルバニー大学』娘が『カリフォルニア大学サンタバーバラ校』だそうです。

こちらは2017年の情報なので、現在は社会人となりお仕事をしているかもしれませんね。

住まいは、サンディエゴで暮らしていたそうですが現在はどこに住んでいるか分かっていません。

2017年から日本で代表監督をしているので、もしかしたら今は家族で日本に住んでいるかもしれませんね。

まとめ

今回は、トム・ホーバスさんの日本語や日本人の嫁についてフォーカスしてみました。

日本語が上手なのは日本人の嫁がいること以外にも、日本の実業団で活躍し日本在住歴が長いのが理由であることが分かりました。

バスケ一筋のトムホーバスさんの今後の活動に注目していきたいと思います。

馬瓜エブリン
オコエ桃仁花

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA