小島瑠璃子と原泰久が破局した3つの理由!遠距離や年齢差だけではない?

小島瑠璃子と原泰久

破局が報じられた小島瑠璃子(こじるり)さんと漫画家の原泰久氏。

もともと意外性の高いカップルでしたが、突然の破局報道にも驚きですよね。

遠距離恋愛や年齢差など破局理由が話題にになっているようです。

しかし、こじるりと原氏が破局した別の理由が噂に。

今回は、小島瑠璃子さんと原泰久氏が破局した3つの理由についてフォーカスしていきます。

小島瑠璃子(こじるり)と原泰久が破局

小島瑠璃子と原泰久が破局

2020年7月末に週刊誌にて熱愛報道があった小島瑠璃子(こじるり)さんと『キングダム』の作者・原泰久氏。

こじるりが福岡市内にある原氏のマンションに連泊し、縁結びの御利益があるという志賀海神社を参拝するアツアツな姿がフライデーされました。

馴れ初めは、こじるりが『キングダム』の熱狂的ファンで、2019年1月に放送されたTBS『世界ふしぎ発見!』で対談したことだったようです。

小島瑠璃子(こじるり)と原泰久の対談

こじるりが大ファンだったからこそ対談が実現したのだとか。

実際に、こじるりはアメトークの『キングダム芸人』で、羌瘣(きょうかい)のコスプレを披露し話題になりました。

こじるりのキングダムのコスプレ姿

そんなファンと人気漫画の作者という関係から始まった交際。

しかし、1年ほどの交際期間を経て、破局というかたちを迎えてしまいました。

様々な破局理由が噂れていますが、小島瑠璃子と原泰久が破局した3つの理由についてみていきたいと思います。

小島瑠璃子と原泰久が破局した3つの理由!

理由①遠距離恋愛によるすれ違い

小島瑠璃子(こじるり)と原泰久

破局の一つ目の理由は遠距離恋愛です。

遠距離恋愛と聞くと学生カップルの破局理由のようにも聞こえますが、仕事が多忙すぎる両者にとっては真っ当な理由ですよね。

原氏は佐賀県の佐賀県の出身ですが、『九州芸術工科大学』への進学を機に福岡に在住。

東京で芸能活動するこじるりと、漫画家で福岡に住む原氏の間にすれ違いが起きてしまったのだとか。

新型コロナウイルスの影響で、東京〜福岡の往来もままならず、会う機会が減っていたのも溝を大きくする原因だったようです。

理由②年齢差による価値観の違い

こじるりと原氏の破局理由2つ目は、年齢差による価値観の違いだったようです。

19歳という年齢差からくる価値観や考え方の違いもあり「ここ最近、交際1年を迎えたのを機に、互いの関係に向き合った結果、別れを選択したと聞きました」テレビ局員

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/5618926547490aa70293ac8e4f9bdf914e30d4c4

こじるりは1993年生まれの27歳

原氏は1975年生まれの46歳

ふたりの年齢差は19歳も違ったようです。まさに親と子供くらいの年齢差でもあります。

これだけ年齢が離れていれば、価値観の違いは間違いなくおきますよね。

コロナ禍の多忙な中でも会いたかったこじるりと、大人な原氏との温度差などがあったのかもしれませんね。

理由③小島瑠璃子と原泰久の不倫略奪愛 疑惑

小島瑠璃子のツイート

原氏は2006年に結婚歴があり、子供が3人います。

現在はもちろん離婚しておりますが、こじるりと交際していた期間と被っていたのではとの噂が以前より出ていました。

「原先生には、元妻との間に3人の子どもがいます。『キングダム』の連載が始まった2006年に結婚し、先生を健気に支える妻や家族のことをたびたび、単行本の“あとがき”で紹介していたほど。しかし、今春に交際が始まったとされる小島と、元妻との離婚時期が近く“略奪愛なのでは”とネットを中心に騒がれたのです」(スポーツ紙記者)

こじるりと原氏の熱愛がフライデーされたのは、2020年7月末

しかし、熱愛報道の何ヶ月か前からお付き合いしていたと言われています。

そして、原氏が元妻と離婚したと言われるのが2020年3月頃

微妙な時期ではありますが、離婚と交際までの期間が短いため不倫・略奪愛だとの噂もされていました。

この噂によってか、こじるりは冒頭の意味深なツイートを残しています。

真相は不明ですが、世間からのふたりの交際に対してのイメージは良くなく、応援されないお互いの関係は良いものとは言えなかったのかもしれません。

当事者だけ知ることなので、周りの雑音を機にする必要は無いかと思いますが、有名人同士の恋愛とても大変だということが分かりますね。

小島瑠璃子と原泰久の破局に対するネットの声

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です