【顔画像】高木勇輔の経歴や年収は?ロピア社長でカトパンの夫(旦那)【特定】

スーパー『ロピア』

東京や神奈川を中心にスーパー『ロピア』を経営する高木勇輔社長。

フリーアナウンサーの加藤綾子(カトパン)さんが結婚を発表し、脚光を集めています。

様々な特定情報から、カトパンの夫(旦那)が高木勇輔社長ではないかと噂になってるのだとか。

カトパンの結婚相手だと言われる高木勇輔社長の経歴や年収が気になりますよね。

今回は、カトパンの夫と言われる高木社長の特定情報や顔画像と年収についてフォーカスしていきます。

【特定】カトパンの結婚相手(夫)は『ロピア』の高木勇輔社長

加藤綾子(カトパン)

2021年6月7日に一般男性との結婚を発表した加藤綾子(カトパン)さん。

「どんな時も自然な人柄であることに惹かれた」というカトパンの結婚相手(夫)は、果たして本当に一般男性なのかと話題に。

カトパンの夫の情報

・年商2000億円を誇る企業の2代目社長(8年前に代表取締役に就任した)

・慶應大学経済学部を卒業後、食品会社勤務を経て実父が経営する会社に入社

・東京や神奈川を中心に約60店舗を展開するスーパーマーケットを経営

・年齢は39歳で、学年でいうと加藤さんの4つ上

・スーツの似合う爽やかなイケメンで、スポーツ万能

・趣味のゴルフはプロ並みの腕前

以上の情報から、カトパンの結婚相手(夫)は『株式会社ロピア』の代表取締役を務める高木勇輔社長だと噂に。

▼加藤綾子(カトパン)の結婚相手(夫)の詳細はこちら!

カトパン

果たして高木勇輔社長とはどのような人物なのか見ていきましょう。

【顔画像】高木勇輔の経歴や年収は?

ロピア高木勇輔の経歴

高木勇輔氏(右)

カトパンの結婚相手(夫)だといわれるスーパー『ロピア』社長の高木勇輔氏

経営する『株式会社ロピア』は、スーパーマーケットや精肉店を運営。

父の高木秀雄会長が神奈川県藤沢市で精肉店として創業し、高木勇輔氏は2013年の31歳頃に代表取締役に就任した2代目の若手経営者。

大学は慶應ボーイで、卒業後は食品会社勤務を経てから実父が経営する『株式会社ロピア』に入社。

他所でしっかりと修行し実力を付けてから満を持して会社の後継になったようですね。

食品スーパーマーケットの運営のほか、手造りハムやソーセージなどの製造や販売、食品の輸入なども手掛け、グループ全体の売上が2000億円を超えた(2020年度)。10年後の目標に「年商1兆円」を掲げ、コロナ禍でも順調に業績を伸ばし続けている。

引用:https://bunshun.jp/articles/-/45973?page=2

業績は右肩上がりで、高木勇輔氏が社長になってから首都圏に店舗を拡大し、現在では東京や神奈川を中心に約60店舗を展開するスーパーマーケットに。

『仕事ぶりは“攻めの一手”』と評されるほどの強気な経営者のようです。

カトパンを射止めたのも積極的なアプローチからだったのかもしれませんね。

ロピア高木勇輔の年収

2020年度の決算で、グループ全体の売上が2000億円を超えたという株式会社ロピア。

ロピアの正社員の平均年収は650万円程だといわれていますが、高木勇輔社長はどれくらいになるのでしょうか。

右肩上がりの業績や地位からしても、役員報酬や各種手当を入れて5,000万以上はあるのではないかと予測できます。

カトパンも年収が1億はあるのではと噂されていますので、かなりのパワー夫婦といえますね。

高木勇輔とカトパンの結婚に対するネットの声

カトパン
加藤綾子(カトパン)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です